旬のニュースや話題の情報などの時事ネタを皆様の感想を交えて紹介します。

時事ネタnet

★【金正男の息子】ハンソル氏がチョルリマ民間防衛の動画で主張。本拠地や活動とは?【ジョンナム氏息子】

投稿日:2017年3月8日 更新日:

マレーシアで殺害された金正男(キム・ジョンナム)の息子のハンソル氏が動画で『私の父は数日前に殺害された』などと主張しています。

動画は短い間で収められていますが、この動画は脱北者の支援団体の「チョルリマ民間防衛」のホームページで公開されました。

韓国の情報当局の関係者もキム・ハンソル氏本人と確認しています。

動画の内容と今回の支援団体『チョルリマ民間防衛』を調べてみました。


今は母親と妹と一緒にいます

動画は39秒で収められていてハンソル氏と思われる男性は『KHS Video』とタイトルしています。

「私は、北朝鮮のキム・ハンソルです。キム一族の一員です。私の父は、数日前に殺されました。私はいま、母と妹と一緒にいます。状況がよくなることを願っています」と英語で話しています。

引用:NHKNEWSWEB

途中で口元やパスポートが黒塗りになる場面がありますが、「キム・ハンソル」氏本人と証明しているかと思われます。

合わせて感謝している相手の部分を話されているようですがこちらも黒塗り、音声削除されています。

又、本人かどうかと注目されていましたがソウル聯合ニュースで韓国の情報当局が本人と確認したとの事ですので、キム・ハンソル氏本人と思われます。

でも、動画でここまで出してしまって大丈夫でしょうか?この動画から手がかりで追跡されない事を願いっています。

妹さんとお母さんにも危害が無いように。


どの国でも行きたい場所へ送り届けます。

今回、ホームページで動画を公開された『チョルリマ民間防衛』と一体どういった支援団体でしょうか。

この『チョルリマ』ですが漢字の場合は『千里馬』と記載します。

千里馬とは、翼を持ち、一日に千里を走り抜く事のできる北朝鮮においては象徴とも言えるそうです。

翼を持つ馬と聞くとペガサスを思い浮かべるのですが、平壌(ピョンヤン)にある万寿台にはこの千里馬の銅像があるのですが有名な人物の銅像の右側にあると言う事でかなり大切な動物なのでしょう。

この団体の主な活動は公開されていませんが、内容を見ますと北朝鮮の脱北者を支援している団体と思われます。

実際、チョルリマ民間防衛のホームページにも記載があります。

ホームページには「北朝鮮の人々へ」と題したメッセージが掲載されていて、この中で、「脱出したかったり、情報がほしかったりする方は私たちが守ります。どの国でも行きたい場所へ送り届けます。すでに何人かを助けた私たちはどんな見返りも期待しません」と呼びかけ、連絡先のメールアドレスも載せています。

引用:NHKNEWSWEB

さらに本拠地などは公表していませんでした。

確かに本拠地が分かればあれやこれや手を打ってきて、お父さんの金正男氏の様に危害を加えてくる事は間違えないでしょうね。

チョルリマ民間防衛は最初で最後の声明

又、危険にさらされないようにでしょうか?チョルリマ民間防衛は最初で最後の声明として記載しています。

動画を掲載した脱北者の支援団体を名乗る「チョルリマ民間防衛」はホームページで、キム・ジョンナム氏が殺害された事件に関して、「キム氏の家族が保護を求めてきたため、3人に会って、安全な場所に移動させた。これが、この件に関する最初で最後の声明であり、家族の居場所については公開しない」と説明しています。

そのうえで、今回、人道的な緊急支援を行ってくれた国として、オランダ、中国、アメリカ、それに名前を明かされることを望んでいないもう1か国の、合わせて4か国に対し、感謝の意を示しています。

続きを読む(NHKNEWSWEB)

確かに動画には周りにも白い壁の前で主張していますし景色を映りこんでいる箇所もありません。

ちょっとした事でスパイなどは追跡してしまうのでこれ以上は何もしない方が良いのでしょうね。

それに緊急に支援してくれた国があるのもこの支援団体の強さが垣間見えます。

ネットの反応

まとめ

その後の息子さんの消息が不明だったので話題の中で少し不安でしたが、このような支援団体に支えられているので一安心な面も感じました。

しかし、いつ危害が加わるか分かりませんので家族でひっそりと暮らす事にもなるかもしれませんが、幸せな生活を送ってほしいですね。

★合わせて読んでみて下さい。
★【VXの上VX2】で金正男氏が殺害された可能性あり!VX2とは?
★【VXガス】金正男氏の殺害に使用したVXガスはサリンの100倍以上の致死性

今回のネタいかがでしょうか?最後まで読んでいただきましてありがとうございましたm(__)m



 

それぞれフォローお願いします。

-ニュース, 国際
-,

Copyright© 時事ネタnet , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.