旬のニュースや話題の情報など皆様の感想を交えて紹介します。

時事ネタnet

★【ピカチュウ感電!?】公式バッテリーが大変なことに!?自主回収で返金対応も!【ポケモン】

投稿日:2017年3月13日 更新日:

私自身も信じていましたがまさか公式バッテリーが。

今でも人気なアプリ『ポケモンGo』ですがこれに欠かせないのがモバイルバッテリーですね。

常時GPSを受信しているので、バッテリーの減りの早いこと!

このモバイルバッテリーですがポケモンの公式で販売されているモバイルバッテリーが自主回収に乗り出しました。

原因が製造上の不備でした。


2種類のバッテリーから加熱・発煙のおそれ

今回自主回収となったのが『ポケモン モバイルバッテリーRAVPower 10050mAh』のピカチュウバージョンとモンスターボールバージョンです。

何でも製造上で不備によって中の部品が脱落し、基盤に触れることで異常な発熱や発煙に至るものが見つかっていますので、現在全ての商品を回収・返金対応しています。

ちょっと物が物だけに怖いですね。

子供も使用しているのでかばん等に入れていたりポケットに入れていたりした場合に火傷や火災に発展してしまいます。


一時期は家電店舗のモバイルバッテリーが激減

ポケモンGoにてはニュースにもなって話題になったのがこのモバイルバッテリーが飛ぶように売れたことですね。

全国の家電量販店・ネット販売店の実売データを集計する、パソコンやデジタル家電のマーケティング調査のBCNによると、モバイルバッテリーの販売数量は、「ポケモンGO」の配信がはじまった2016年7月22日を境に、ほぼ垂直に上昇した。

7月1日の販売数量を「1」とすると、配信日の22日に3.65倍に伸びると、その翌23日には8.52倍、ピークの24日にはなんと9.6倍にも達した。

引用元:JCASTニュース

さらにライセンス商品ではないような怪しいバッテリーなども良く見かけましたね。

株式会社ポケモンも事態を重く受け止め著作物や商標を無許諾で使用した、モバイルバッテリーを販売している業者に対して法的措置を含め調査・検討していました。

無許諾で販売されているモバイルバッテリー

モバイルバッテリーでニュースになるのはポケモンくらいでしょうか?

しかし、今回は公式で販売されているモバイルバッテリーで不備が生じ自主回収となるとちゃんと公式で買ったので大丈夫と思っていたらこのような情報が冷や冷やですね。

販売場所:ポケモンセンター全店、ポケモンストア全店、ポケモンセンターオンライン、Amazon.co.jp「ポケモンストア」

商品回収場所:
・インターネットによるお申し込みはこちらで承っております。
・電話の場合:0120-768-712(フリーダイヤル)※11時~18時

お電話または入力フォームにてご提供いただいたご住所宛てに、返送キットをお送りいたしますので、対象商品をご返送ください。ご返送商品の到着を確認次第、現金書留にて返金させていただきます。

・ポケモンセンター・ポケモンストア・・・対象商品をお持ちいただき、スタッフにお声をお掛けください。返金させていただきます。

ネットの反応

まとめ

私もとても重宝しているバッテリーですが公式でこのような原因が出てしまうのは問題ですね。

早めの対応も良いと思いますが、子供も使用する物はもう少ししっかりテスト等してほしいですね。使用されている周りのお友達が居ましたら教えてあげてください。

今回のネタいかがでしょうか?最後まで読んでいただきましてありがとうございましたm(__)m



 

それぞれフォローお願いします。



-PokémonGO, ゲーム, ポケモン
-, ,

Copyright© 時事ネタnet , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.