旬のニュースや話題の情報などの時事ネタを皆様の感想を交えて紹介します。

時事ネタnet

★【ボタンポチッ】でカップ麺1箱分!?が届く 東洋水産の『仕送りボタン』を当てよう!

投稿日:

ポチッと押すだけでカップ麺が届くなんて・・・。

「赤いきつね」と「緑のたぬき」で有名な東洋水産が親子の仕送りを応援!と言うことで、3月20日(月)~5月31日(水)までキャンペーンを実施します。

その名も『愛情たっぷり 仕送り代行キャンペーン』です。ちょとクスッと笑ってしまうキャンペーンですが気になりますね。

3月20日のキャンペーンと同時にWebページにて応募ができます。

しかし当たると超ラッキーな『ボタン』が貰えプレゼント内容も素晴らしいです。


ボタンポチッで1箱お届け

 

こちらのボタンは『仕送りボタン』と称して1年間なら何時でもボタンをポチッと押すだけで3~7日後に「赤いきつね」または「緑のたぬき」1箱(12個)が届きます。

しかもこのボタンの使用回数も1回ではなく可能回数は30回も使用できますので合計360個分のカップ麺が当たるという事です。

しかし、仕送りボタンの当選数がかな~り狭き門で「赤いきつね」・・1名、「緑のたぬき」・・1名となっています。

当選者の方はかなりの強運の持ち主ですね。

ボタン押してから期間がかかるのは東洋水産曰く「愛情をたっぷり込めさせていただきますので、 少々お時間頂戴いたします。」との事。これだけ期間が必要ならかなりたっぷりの愛情が入っているのでしょう。

さらにこれだけでは無く、『マルちゃんからの仕送りプレゼント』を合わせて実施します。

 

マルちゃん商品詰合せセット(希望小売価格3,000円相当)があたりますので、量的もかなり豪華ではないでしょうか。

こちらは当選者数が1,000名ですのでまだこちらの方が確立は上がります。
「赤いきつねうどん」「緑のたぬき天そば」 どちらか1点以上含むレシート 1,000円分以上を添付し、ハガキで応募するタイプです。

今回これとは別に普段恥ずかしく仕送りの感謝を言えないお子さんが親に気軽に感謝を伝えれるように、メール・LINEスタンプの代わりにと「オリジナル仕送りありがとう画像」も配信されます。

こちらは自由にダウンロードして使用できます。


キャンペーンの内容にも今が映し出している

東洋水産のこのキャンペーンを実施した内容を見ますと確かにうなずいてしまう形にも取れます。

ライフスタイルが多様化している現代において、家族団らんの機会が減り、家族間のコミュニケー ションが希薄になりつつあると言われています。東洋水産では、“食を通じ、みなさまに笑顔をお届け したい”という想いから、特に家族と離れて暮らす大学生や社会人を対象に、親御さんとのコミュニ ケーションのきっかけづくりをしていきたいと考え、本キャンペーンを開催します。

~省略~

東洋水産は、仕送りを送る側の親御さん、受け取る側のお子さんの双方を、当社の代表ブランドの1 つである「マルちゃん赤いきつねと緑のたぬき」を通じて応援することで、親子の絆を深めるお手伝いをすることを目指してまいります。

引用元:東洋水産

今は昔と異なり『家族団らん』と言う言葉も少なくなってきています。

子供も大きくなるにつれ時間帯のズレなど生じ、一緒に食事を取ることも少なくなるのではないでしょうか。

引用元にもある様に離れて暮らすようになれば簡単に毎日帰る事も難しくなります。

又、東洋水産では仕送りについて実態調査を行い幾つか結果を公開しています。

調査1では親と離れているお子さんで仕送りを貰った事のある方が約59%の方があると回答されています。

さらに親の方々が仕送りする目的や気持ちの1位は「子どもとコミュニケーションをとりたい」、逆に仕送りを貰ったお子さんが思う気持ちでは1位は「両親に感謝の気持ちを伝えたい」でした。

さらに確認してみると仕送りされる物に対して親と子にこれだけギャップが違うのにビックリしました。

今回のカップ麺に関しては親が仕送りで送っている物でカップ麺は8位の約15%ですが、お子さんにとっては約31%がカップ麺を希望しておりほしい物の3位です。

>ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド Nintendo Switch版

ネットの反応

まとめ

今回の見所はあのボタンですね。ポチッと押せば商品が届く・・・アマゾンみたいですね。ちょっと方向性違いますが。

でも、意外だったのがお子さんの方のほしい物でカップ麺が上位に入っていたことですね。確かにお湯沸かしてすぐ食べられるので便利ですが。

しかしこのキャンペーンとしては引かれるキャンペーンですね。

今回のネタいかがでしょうか?最後まで読んでいただきましてありがとうございましたm(__)m



 

それぞれフォローお願いします。

-イベント, 国内
-,

Copyright© 時事ネタnet , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.