旬のニュースや話題の情報などの時事ネタを皆様の感想を交えて紹介します。

時事ネタnet

★【お酒で骨折の疑いが】飲んで顔が赤くなる人は骨粗しょう症で骨折になりやすい!?骨折の予防法は?

投稿日:

顔が赤いぞーと言われた注意が必要かもしれません。

お酒を飲んで顔が赤くなる人は、赤くならない人に比べて骨粗しょう症になりやすく、さらに体の部位の中でも歩くのに大切な部分の骨折を起こしやすくなると研究結果で明らかにされました。

骨粗しょう症ならない為にはビタミンEを摂取すると良いそうです。


お酒で顔が赤くなると大腿骨近位部骨折が起きやすい

大腿骨近位部骨折は足の付け根にある股関節部分に起こり、膝の方での関節部以外で骨折が起こる「大腿骨転子部骨折」と関節部分の中で骨折する「大腿骨頸部骨折」とがあります。
この部分の骨折が起こると歩く事はもちろん、立ち上がることも出来なくなり「要介護」の状態になりやすい部位になります。

今回、慶應義塾大学医学部の宮本健史氏らが研究結果を発表した内容によりますと、この大腿骨近位部骨折をされた92名と骨折をされていない48名(骨粗しょう症でない方)のDNAを調べました。

アルコール代謝の過程でアセトアルデヒド分解に重要な ALDH2 遺伝子多型のうち、お酒をのむと赤くなるflash syndromeと呼ばれる体質の原因となる遺伝子多型であるrs671に着 目し、その保有率を骨折群と正常群間で比較しました。 その結果、骨折群では正常群に比べて rs671 保有率が高く、その保有により骨折のリスク が 2.48 倍高くなることが明らかとなりました。

ALDH2 の機能不全型遺伝子多型では、アセトアルデヒドの血中濃度が上昇することが報 告されています。しかし、アセトアルデヒドにより骨芽細胞の機能障害が生じる~

引用元:慶應義塾大学医学部プレスリリース

お酒を飲んだ際のアルコールを肝臓のアルコール脱水素酵素によって分解された中間代謝物質の「アセトアルデヒド」と呼ばれるのですが、このアセトアルデヒドを分解する為の「ALDH2」という酵素タンパク質が顔が赤くなる人は活動が弱い事ですね。

よく二日酔いの症状が見られる方も血液中に「アセトアルデヒド」が残ってしまう事で症状を引き起こしていると言われています。

さらに、この「ALDH2」は機能が低下して行くと、分解されないアセトアルデヒドが溜まってしまうと今回の骨を生成する為の元となる骨芽細胞の活動が行われない場合があるそうです。

この流れによって骨がもろくなってしまい骨粗しょう症になり骨折になりやすいそうです。


リスクの回避にはビタミンEを摂取

骨芽細胞の活動の障害を回避する為にビタミンEを摂取する事が良いそうです。

ビタミンEが豊富に含まれている食べ物はらっかせい、モロヘイヤ、つくしなど色々ありますので適度に摂取してみてはいかがでしょうか。持った遺伝子は替えることができませんが日頃の食事で予防できますね。

しかし、ビタミンEを過剰摂取した場合には逆効果になってしまう場合もありますのでご注意ください。

>ディアナチュラ ビタミンE 60日(60粒入)【Dear-Natura(ディアナチュラ)】[ビタミンe サプリ サプリメント ビタミンE]

価格:598円
(2017/3/29 14:54時点)
感想(40件)

ネットの反応

まとめ

今回の研究で新たな発見ですが、私もお酒を飲むと赤くなる友人いますが一気に大量に飲んでいる方ではないので大丈夫かこれからが心配です。

スポーツクラブなどでお祝い会などで飲まれる方もいますが飲みすぎは骨もそうですが、色々な部分に悪影響も見られますので程ほどもしくは飲まない様に心がけてみては。

 

 

 

 

 

 

 



 

それぞれフォローお願いします。

-ライフ, 健康
-, ,

Copyright© 時事ネタnet , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.