旬のニュースや話題の情報などの時事ネタを皆様の感想を交えて紹介します。

時事ネタnet

★【買取業者悲鳴!?】買取店舗価格が安すぎて『メルカリ』などの方が高く売れる!フリマアプリの市場がついに3000億にも!?

投稿日:

簡単に不用品をネットで取引ができる分リアル店舗が悲鳴です。

フリマアプリやオークションアプリなどの普及で街の買取店舗の売り上げが落ち込んでいるそうです。

逆にフリマアプリの市場がついに3,000億を超えオークション市場に追いつきそうです。


地域密着の売買が全国売買に変化

今までは私もそうですが服なども捨てるより買取してもらった方がお金になると思い近所の買取店舗など利用していました。

その際は金額が安くてもネットのオークションで売ると登録など面倒でしたのでその場で成立はしていました。

デフレ時代の勝ち組として好調を維持してきたリユース業界に異変が生じている。業界大手、トレジャー・ファクトリーの野坂英吾社長はこう語る。「買い取りはこれまで順調に伸びてきたが、昨年の夏場以降、急速に環境が変わった」。

ゲオホールディングスが500店超を展開する「セカンドストリート」等の既存店売上高は昨年8月以降、10月、12月を除き前年割れ。ハードオフコーポレーションやトレジャー・ファクトリーも低迷が続く。中古本最大手のブックオフコーポレーションだけが、2015年度から本格化した家電の貢献で前年並みを確保している状況だ。

当初、業界では中国人観光客の“爆買い”の終焉や天候不順によるアパレルの販売不振など一時的な現象との見方が大半を占めていた。が、不振が半年以上に及んだことで、急速に危機感が広がっている。

引用元:東洋経済オンライン

 

しかし今では簡単に私でも出品ができるので、この原因もあるかもしれません。

近所の買取店舗の何倍の価格で取引が成立してしまったのでこれを知ってしまっては、やはり自分の得する方に移行はしてしまいますね。

今ではこのフリーマーケットのアプリ市場も2016年の報告で3,000億を超えているそうです。

実店舗の場合はすぐにその場でお金に変えてくれるのは嬉しいですが、少しでも時間をに余裕があり高値で売買ができれば「メルカリ」などのフリマアプリに移行してしまいますね。

トレジャー・ファクトリーや業界中堅の買取王国は、商材を確保するため宅配買い取りを導入した。

このほか、買い取り専門店を出店したり、ブックオフのように百貨店など提携先に買い取り窓口を開設するなど、各社は新たなルートの開拓を急いでいる。

引用元:東洋経済オンライン

私もネット前では実店舗の場合もし大量に買取の商品や大型の商品の場合お伺いしますなど、言われた時もありましたのでとにかくお客様の呼び込む為の商品が必要ですね。

あの店品揃えが悪いなどのレッテルをされた場合は店舗側も悲劇ですね。


ネットの反応

新品☆!在庫あり即納!Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド 任天堂

まとめ

今回、実店舗の売り上げの問題もありましたが、私もそうですが買取価格が高い方に人は流れて行ってしまいますね。

又、女性でも簡単にフリマアプリで売買出来てしまいますので、今まで女性をターゲットにしていた業者様も商品の確保も含み色々考えなくてはなりませんね。

今回のネタいかがでしょうか?最後まで読んでいただきましてありがとうございましたm(__)m



 

それぞれフォローお願いします。

-ライフ, 便利
-, ,

Copyright© 時事ネタnet , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.