旬のニュースや話題の情報などの時事ネタを皆様の感想を交えて紹介します。

時事ネタnet

【災害時でも繋がる!?】NTTドコモが「ドローン中継局」による携帯電話サービスのエリア化に成功!? 連続24時間運用も?

投稿日:2017年5月18日 更新日:

NTTドコモがドローンをついにアンテナに?

災害などで中継局が被害を受けて携帯が繋がらない等の生涯を防ぐため『ドローン中継局』を導入を検討しています。

実証実験ではエリア化の成功を確認しています。

行政でもドローンを使ってぶつかっても落ちないドローンを開発したとか。今ドローンが活躍中ですね
★【ついに新ドローン!?】行政の一環でぶつかっても落下しないドローンを開発! 形が丸くて可愛い!?


ついにドローンが携帯のアンテナに!

今まで災害などでは移動基地局の車が来てはそこから上にアンテナを設置していましたがドローンを使用する事で地盤の緩んだ場所でも基地局が設置できるとの事

今までドローンは上空の空撮や玩具が始まりでしたが今では災害など人が行くことができないこんな場所にでも現状を知ることのできる機器になりました。

今度はドローンがアンテナになるんですね。

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、災害等の際にご利用が困難となった携帯電話サービスエリアの救済を目的に、「ドローン中継局」の導入検討を進めてまいりましたが、群馬県吾妻郡長野原町における実証実験を行い、2017年5月17日(水曜)に、当該地区のエリア化の成功を確認いたしました。

「ドローン中継局」は、ドローンでの利用を想定した専用の小型中継局を搭載し、周辺のドコモの基地局電波を上空で捉え、中継することで、臨時のエリアを形成するものです。従来の移動基地局車等と比較し、可搬性に優れるため、被災時に地盤の影響等に左右されず、迅速な復旧を実現することができます。

~略~

今後は、2017年度下期を目途に、地上の電源と接続した実験を行い、実災害時にも実効性のある連続24時間運用の実現をめざします。

引用元:NTTドコモ

ドローンではバッテリーがもんだとなっていましたが電源とケーブルを繋ぐ事で常時供給する形をとる訳ですね。これなら24時間の稼動も可能ですね。


ネットの反応

・ホバリングし続けるのが大変そう。

・大災害が近いのでしょうか?

・災害事だとドローンのバッテリー充電するのが大変そう。充電池を沢山用意するにしても結構な手間とコストだね。

【あす楽】【送料無料】H37 Elfie ミニ ドローン Wifi カメラ付き 2.4GHz 4CH 6軸ジャイロ iPhone&Androidでリアルタイム生中継可能 ポケット セルフィードローン

まとめ

テレビでも災害の時に衛星電話の場所には多くの人が並んでいた映像を見ました。

確かに知らせたい手段として今では当たり前の機器になってしまいましたが、アンテナがなければ難しい状況ですのでこのドローン中継局は実現を期待したいですね。

今回のネタいかがでしょうか?最後まで読んでいただきましてありがとうございましたm(__)m



 

それぞれフォローお願いします。

-IT・科学, 国内
-,

Copyright© 時事ネタnet , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.