旬のニュースや話題の情報など皆様の感想を交えて紹介します。

時事ネタnet

【価格競争!?】ドンキが4K対応の50型液晶テレビ54,800円で発売!と思いきやDMMは50型で4万円台のが!?それぞれの仕様は?

投稿日:2017年6月15日 更新日:

4K対応テレビの価格対戦勃発ですかね。

ドン・キホーテが自社のプライベートブランド情熱価格PLUSで「4K対応 50V型液晶テレビ」を54,800円で発表しましたが、これに対抗かと思いますが、DMM.comが「50型4Kディスプレイ」を自社価格の1万円値引きの49,900円にした事でネットでは「ドンキ市場最安値に挑戦?」や「空前の大画面液晶テレビブーム」などの声が上がっています。

業界最安値の謡っているドンキは値下げして狂くるのでしょうか?

各テレビの仕様を調べてみました。


動きの速いゲームでも快適にプレイできます。

今回、ドン・キホーテではプライベートブランドで「4K対応テレビ」は初で【情熱価格 PLUS】として『50V型 ULTRAHD TV 4K液晶テレビ』を2017年6月15日(木)に「市場最安値に挑戦」した 54,800円(税抜)で販売されます。

【情熱価格 PLUS】は元祖オリジナルブランド【情熱価格】ののワンランク上の品質や機能、デザイン性のある商品を示します。

商品ですが4K高精細パネル(水平 3,840×垂直 2,160 画素)を搭載しているので、大画面でも緻密で美しい映像が可能です。

さらに東芝映像ソリューション株式会社が開発したメインボードを採用した事により、ゲーム機を接続した場合は、外部入力信号が画面に反映されるまでのタイムラグの時間を短縮する設定に切り替わるため、早い動きのあるゲームでも快適にプレイできます。

また、ダブルチューナー搭載されているので、外付けハードディスクを接続すれば視聴している番組をとる事もできますし、視聴中以外の番組を録画することも可能など嬉しい機能が搭載されています。
これで5万円台で購入できるのが不思議くらいです。

「ジェネリックREGZA」とも言われ大人気で東芝の製品がこの値段で購入できるのは安いといわれています。

型番:LE-5050TS4K-BK
本体重量:スタンドあり約11.01Kg、スタンドなし約10.65Kg
サイズ:スタンドあり(幅約112.7cm×高さ69.5cm×奥行28.6cm)、スタンドなし(幅約112.7cm×高さ67.1cm×奥行6.6cm)
定格消費電力:約145W
待機時消費電力:約0.5W ※リモコン電源オフ時
年間消費電力量:約241kWh(1日4.5Hの動作時間/1日19.5Hの待機時間)
接続端子:HDMI端子×3(HDMI1:1.4、HDMI2:1.3a、HDMI3:2.0) 、RCA入力端子×1、ヘッドホン/イヤホン出力端子×1、光デジタル音声出力端子×1、LAN端子(RJ45)×1、USB端子×1(録画用)
付属品:スタンド×2、リモコン、リモコン用電池、取扱説明書、miniB-CASカード



返金対応していた商品を1万円値引きで新登場

こちらは去年2016年11月に発売されている『50インチ4Kディスプレイ』ですが、スペックの誤表記があり表記内容としては「4K/60p 入力に対応。更に 120Hz 倍速駆動」と表記されていたのに対し、120Hz 倍速駆動に未対応だった事が分かり、返金対応していた商品を2017年6月15日(木)から59,900円から49,900円に1万円値下げすると発表しました。

同じ50型の4K対応でとうとう5万円を切っています。

高解像度4K(水平 3,840×垂直 2,160 画素)UHDパネルで、どの角度からも見ても色合いの変化などの現象を少なく鮮やかな発色を実現しています。

さらに入力端子が豊富で、HDMI2.0ポートを4ポート搭載を搭載しているので、レコーダーなどのAV機器からゲーム機などでの入力端子不足を解消できます。HDCP2.2で著作権保護されているコンテンツの再生にも対応しています。

型番:DME-4K50D
本体サイズ:スタンド含む(約695×1125×285mm)、本体のみ(約655×1125×65 mm)
本体重量:スタンド含む約13.1kg、本体のみ約12.8kg
パネル種類:AMVA(ノングレア)
バックライト:LED
入力端子:HDMI2.0(HDCP2.2対応)×4、USB2.0×1、コンポーネント/コンポジット×1
出力端子:イヤホン、光デジタル
最大消費電力:130W
待機時消費電力:約0.4W
付属品:ディスプレイスタンド:2個、スタンド固定ねじ:4本、リモコン:1個、リモコン用単4乾電池(試供品):2本、取扱説明書兼保証書:1部

【送料無料】 DMM.make 50型ワイド LEDバックライト搭載4K対応液晶モニター DME-4K50D

ネットの反応

まとめ

同じ50型でもそれぞれの仕様が異なっていますが、価格が5万円位で手に入るのには大画面ブームが来たのでしょうか。

1インチ1万円が今では1インチ1,000円!?となってしまっていますね。

今回のネタいかがでしょうか?最後まで読んでいただきましてありがとうございましたm(__)m


 

こちらもポチットお願いします。

ぜひフォローお願いします

参加中ですのでぜひこちらも



-ニュース, ライフ, 国内, 炎上
-, ,

Copyright© 時事ネタnet , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.