旬のニュースや話題の情報などの時事ネタを皆様の感想を交えて紹介します。

時事ネタnet

【藤井四段の知育玩具!?】キュボロなど幼児時代に藤井聡太四段が遊んだおもちゃとは?その特徴は?

投稿日:2017年6月27日 更新日:

飛ぶ鳥を落とす勢いで連勝続けている藤井聡太四段がついに第30期竜王戦1回戦にて連続勝利記録の歴代トップとなる「29連勝」になりました。

2016年の12月に行ったプロデビュー戦で加藤一二三九段を破ってから一気に注目されるようになりました。将棋界のみならず今では日本中が藤井四段の行動にヒートアップしていますが、この才能は両親や祖母から送られたおもちゃにあったかもしれません。

今では人気のため品薄の状態が続いているそうです。


両親からプラレール・キュボロ、祖母からのスタディ将棋

愛知県瀬戸市出身の21世紀生まれで初めての将棋棋士なっている藤井聡太四段ですが、小さいころはボール遊びなどでお兄ちゃんと走り回ったりしていたとてもやんちゃでな少年でしたが、両親から買ってもらった「プラレール」に興味を持ち部屋中に一杯組み立てて遊んでいたそうです。

トイザらス限定 プラレール いろいろ作れる!レールと情景いっぱいセット【送料無料】

レールを並べて電車を走らせるだけではなく、凹凸のレールをいかにして長く電車を走らせるかやカーブだらけの場合電車が脱線してしまうので、どのくらいの数で行えば良いかなど想像力を鍛える能力もあります。ほかにもいくつもの電車がありますので記憶力やまたレールの数に応じて行うので数学的能力も鍛えることができます。

番外として3歳になった藤井さんは地元のモンテッソーリ教育(自立した子どもを育てる目的)を取り入れていた幼稚園では、日常生活の練習、感覚教育、言語教育、算数教育、文化教育の5つの分野の発達プログラムを行っていて、ここでも藤井さんはすごい事をやってのけます。
ハートバッグ」と言う袋ですが、紙を交互に編みこんでハート型のバックを大量に作っては持ち帰ったそうで、その数も100個以上だそうです。ここでも・・・もしかしたら大記録!?かも知れませんね

さらにスイス製の立体パズル『キュボロ(cuboro)』を与えた際も何時間もかかっては遊んでいたそうです。1985年に心身に障害のある子どもたちとソーシャルワーカーのトレーニングを受けたマティアス・エッター氏によってキュボロは生まれました。

キュボロ バインダー日本語版【Cuboro book-2】【おもちゃ歳から】【子どもお誕生日知育玩具プレゼントキッズ子供ゲーム木のおもちゃギフト出産祝い赤ちゃん男の子女の子】

キュボロはスイスで生まれた積み木を使用してビー玉の転がすための通路をつくる玩具です。遊び方は5cmくらいの溝が入っている四角い積み木を組み立てていき上からビー玉を転がすだけの単純な玩具ですが、これが奥深いです。

★【知育玩具に注目!?】藤井聡太四段や天才発明少年も使用していたスイス製の立体パズル『キュボロ(cuboro)』が奥深い!?使用方法は?

こちらの立体パズルですが、ビー玉がどのように転がすと良いかレールの付いたブロックを組み立てることで「空間認識能力」を高め、「集中力」も高める事もできます。こちらのキュボロですが価格も2万から3万と高額ですが両親はこの時点で藤井さんの能力に何か感じていたのでしょうか?

藤井さんが幼児時代にキュボロで作成した作品を検証した動画が公開されていました。幼児時代でこれだの作品を作り出してしまう能力は今の将棋の勝負に受け継がれているのでないでしょうか。

 

一番の驚きは藤井四段の両親は将棋を指さないそうで、どうして将棋に興味を持ったのでしょうか。

実は祖母から5歳の夏に渡された「スタディ将棋」でした。スタディ将棋の駒にはそれぞれの駒の進み方が書いてあるので初心者でも簡単に将棋を楽しめることができます。

KUMON くもん NEWスタディ将棋 WS-31 5歳以上~

今まで幼児時代に培ったおもちゃの能力のおかげで見る見る将棋に対して成長し祖母もお手上げとなり、少し指すことのできる祖父でもついに藤井さんに勝てなくなってしまいました。ここで将棋の指し方を覚え将棋の楽しさを知ったかもしれませんね。

「もっと将棋が指したい」と言うことで地元近所の「ふみもとこども将棋教室」に入門した事でぐんぐんと成長し今に至っています。

幼児時代に与えられたおもちゃによって「集中力」、「空間認識能力」など鍛えられ、将棋などでも大切となる能力が備わったわけですね。

ネットの反応




まとめ

藤井聡太四段が幼児時期に過ごしたおもちゃを紹介しましたが、小さい頃から与えられたおもちゃに隠された能力が鍛えられたのは偶然なのでしょうか。

現在キュボロも何ヶ月待ちと言う異例の状態ですので、藤井四段のフィーバーはまだまだ続きそうですね。

今回のネタいかがでしょうか?最後まで読んでいただきましてありがとうございましたm(__)m



 

それぞれフォローお願いします。

-ゲーム, ニュース, 国内
-, ,

Copyright© 時事ネタnet , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.