旬のニュースや話題の情報などの時事ネタを皆様の感想を交えて紹介します。

時事ネタnet

【スマホで即金融資】質屋アプリCASH

投稿日:

身の回りにあるものを、なんでも現金にできるというアプリCASHが話題だ。

質屋と言えば、「質草」と呼ばれる担保になりそうな物品を預ける代わりに現金を貸してくれる昔からあるサービスだ。
一定期間以内に元金利を返せば預けた物品を戻すことができるが、返せない場合は預けた物品は質屋のものとなり処分される(質流れ)。

現代で言えばリサイクルショップと消費者金融がミックスされたようなサービスと言えばわかりやすいだろうか(余計わかりにくい?)

CASHというアプリはこの質屋をスマホで手軽に利用することができる。

CASH from Bank, Inc on Vimeo.




スマホで身の回りにあるものを写真に撮り、簡単な情報を入力すれば査定が終わり、銀行口座かコンビニで現金を受け取れるというものだ。
査定金額は0円~2万円まで。
2万円を越えるようなものであっても上限の2万円として査定される。
現金を受け取ったユーザーは2ヶ月以内にCASHに返金するか、査定された商品を送るかを選択できる。
返金する場合15%の手数料がかかる。

実際は質屋ではない

サービスの概要を見るとスマホを利用した店舗を持たない質屋のように見えるが、融資ではなく、あくまで古物の買い取りというところが肝のようだ。
質流れを防ぐために返金する場合の15%は手数料であって、金利ではない。

フィンテックによる新しいレンディングサービスという紹介のされ方も見かけるが、金貸しではなく古物の買い取りなのだ。
2ヶ月間の猶予中に買い取りをキャンセルすることもできるが、キャンセル料として15%かかりますよということだ。

不正対策は?

気になるのは、現物を見ないでスマホで写真を撮るだけの査定で大丈夫なのか?というところ。
最近流行りのAIなどを駆使して画像を解析し、適切な査定を行っているのかと思いきや、かなり適当らしい。
というか、画像は見てないのかもしれない。
iPhoneと偽ってティッシュの写真を送っても2万円と査定されたという記事もある。
もちろん、iPhoneと偽ってティッシュを送ればそのアカウントはブラックリストに載り、今後CASHの利用はできなくなる。
ここでの肝は、上限2万円というところ。

2万円であればそういった不正をするユーザーが全体の一定割合いたとしても採算があうということだ。
では、上限2万円で大量のアカウントから不正を行えばと考えるかもしれない。
認証は電話番号によるSMS認証のみなので大量の回線を契約して不正行為をされた場合甚大な被害が出そうだが、身元がバレないように大量の電話回線を確保するというのは難しい。
よく考えられている。



現在のところiPhone版のみだがandroid版も近日中に公開されるようだ。

ダウンロードはこちらから

 

今回のネタいかがでしょうか?最後まで読んでいただきましてありがとうございましたm(__)m



 

それぞれフォローお願いします。

-スマホ・スマートフォン, ライフ, 経済

Copyright© 時事ネタnet , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.