旬のニュースや話題の情報など皆様の感想を交えて紹介します。

時事ネタnet

観光客が与えた1本のソーセージによる悲しい最期 エサやりがクマを殺す

投稿日:

Twitterにあげられた、人間の餌やりによって最終的に射殺されることになってしまったクマの悲しいお話がツイッターで反響を呼んでいます。



自然ガイド・ぼんちゃんさんが、「北海道の大自然を訪れる前に読んで頂きたい内容」としてTwitterに載せた”公益財団法人知床財団”が配布しているクマへのエサやり防止を訴えたポストカード。
射殺された1頭のクマの写真と、このクマが悲しい最期を迎えるに至った経緯が書かれています。

このツイートは3万回を越えるリツート1万9千回を越えるいいねが押されています。

「クマにエサをやらないで、クマに近づかないで」と訴えるポストカードの内容は以下のとおりです。

ソーセージの悲しい最後

コードネーム97B-5,またの名はソーセージ。

初めて出会ったのは 1997年秋、彼女は母親からはなれ独立したばかりだった。
翌年の夏、彼女はたくさんの車が行きかう国立公園入口近くに姿を現すようになった。
その後すぐ、とんでもない知らせが飛び込んできた。

観光客が彼女にソーセージを投げ与えていたというのだ。
それからの彼女は同じクマとは思えないほどすっかり変わってしまった。

人や車は警戒する対象から、食べ物を連想させる対象に変わり、彼女はしつこく道路沿いに姿を見せるようになった。
そのたびに見物の車列ができ、彼女はますます人に慣れていった。

我々はこれがとても危険な兆候だと感じていた。
かつて北米の国立公園では、餌付けられたクマが悲惨な人身事故を起こしてきた歴史があることを知っていたからだ。

我々は彼女を必死に追い払い続け、厳しくお仕置きした。
人に近づくなと学習させようとしたのだ。
しかし、彼女はのんびりと出歩き続けた。

翌春、ついに彼女は市街地にまで入り込むようになった。
呑気に歩き回るばかりだが、人にばったり出会ったら何が起こるかわからない。
そしてある朝、彼女は小学校のそばでシカの死体を食べはじめた。

もはや決断のときだった。

子供たちの通学が始まる前にすべてを終わらせなければならない。
私は近づきながら弾丸を装填した。

スコープの中の彼女は、一瞬、あっ、というような表情を見せた。
そして、叩きつける激しい発射音。
ライフル弾の恐ろしい力。
彼女はもうほとんど動くことができなかった。
瞳の輝きはみるみるうちに失われていった。

彼女は知床の森に生まれ、またその土に戻って行くはずだった。
それは、たった 1本のソーセージで狂いはじめた。

何気ない気持ちの餌やりだったかもしれない。
けれどもそれが多くの人を危険に陥れ、失われなくてもよかった命を奪うことになることを、よく考えて欲しい。

出典:公益財団法人知床財団ポストカードより

野生動物にエサをやることは、人間にとっても野生動物にとっても良いことはありません。
多くの人に知ってもらいたい基本的なルールです。


餌やりだけじゃない。人間との接触が野生動物を死に至らしめる

野生動物との接触が結局その動物を殺してしまうという例は海外でもあります。
2016年5月にアメリカ、イエローストーン国立公園でバイソンの赤ちゃんがレンジャーの手により安楽死させられました。

そのバイソンの赤ちゃんは親からはぐれたところを、観光で訪れていた一組の親子に発見されます。
その親子は「赤ちゃんバイソンが寒くて死んでしまうのではないか?」と考え車に乗せレンジャーの詰め所へ運びます。
その後、レンジャーが群れに赤ちゃんバイソンを戻そうとしても、一度人間と関わってしまった赤ちゃんバイソンを群れは受け付けません。母親も赤ちゃんを遠ざけます。
レンジャーは何度も群れに戻るように努力したものの、結局群れに戻ることはできず、道路にさまよいでるようになり、人や車に危険が及ぶようになってしまいました。

レンジャーは仕方なく赤ちゃんバイソンを安楽死させることにしたそうです。

良かれと思って野生動物に関わると、結果的にそれが悲しい結果を招くことになる。
野生動物とペットは違うもの。
人間は一定の距離を保つべきなのでしょう。

知床自然観察ガイド

新品価格
¥24,689から
(2017/8/10 11:34時点)


 

それぞれフォローお願いします。



-Twitter, 動物, 国内
-, , , , , ,

Copyright© 時事ネタnet , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.