旬のニュースや話題の情報などの時事ネタを皆様の感想を交えて紹介します。

時事ネタnet

牛乳石鹸のCMが炎上 CMの内容は…

投稿日:


牛のマークでおなじみの「牛乳石鹸」のCMが不快だと炎上しています。

内容を簡単にまとめると

・サラリーマンの男性の1日を追ったショートムービー風CM

・その日は息子の誕生日

・仕事でミスをした後輩を飲みに連れていき、妻からの着信を無視

・帰宅後 妻「なんで飲んで帰ってくるかな」 男性「風呂入ってくる」

・牛乳石鹸で洗った後、気持ちを切り替え 男性「さっきはごめんね」

・改めて息子の誕生日祝いを始める。

・「さ、洗い流そ」のキャッチコピーで動画終了



牛乳石鹸の公式ウェブサイトでは、「父と子の絆。とある男のなんでもない1日の物語」「がんばるお父さんたちを応援するムービーです」としているが、ツイッターをはじめネットは炎上。

「ただただ不快な気分になる」
「子どもの誕生日に飲んで帰って来て何を洗い流すの!? 」
「奇をてらったコマーシャルしないでふつうに売ればいいのに」
「お父さんが何がしたいのかわからないけど、こういう人実際いるよなと思う」

CMの意図が理解できるという人も少数います。

「私はしないけど理解は出来る。でも、事前に行かない事を伝えるべきだし、最低でも妻の電話には出るべき」
「そんなに炎上する内容かな?」
「CMの意図がわからん人がいるのがわからない… ジェンダーを理解していないということか…」

さらにこのお父さんが就業後にケーキとプレゼントを買って、さらに後輩を飲みに連れていき、帰って風呂に入った後でも子供がまだ起きてる時間という部分に信じられないほどのホワイト企業で働いているのでは?とCMの意図とも、炎上とも関係のないところに反応している人もいました。

個人的にはこのCMは時代にマッチしていないし、「ミスした後輩を飲みに連れて行くために息子の誕生日をすっぽかす」という部分が致命的に今の感覚にそぐわない感じがしました。
せめて、仕事でミスしたのが自分で、飲みに行くのではなく仕事の穴埋めで残業が終わらないとかならば共感を得る部分はあったかもしれません。

もっと昔、昭和の父親は仕事最優先、家族を顧みないことも厭わない。
ミスした後輩を飲みに連れていき励ましてやるのも仕事のうち。
こような時代なら逆に
「子供の誕生日と仕事とどっちが大切なんだ」(仕事の方が大切だろの意味で)
「後輩がミスをした時元気づけてやるのも先輩の仕事だろ」
という価値観が理解されたかもしれません。(それでも後輩を元気づけてやるのは何も今日でなくても…という気はしますが)

この炎上があってもおそらく牛乳石鹸の固定ユーザー層が一斉に離れていくということは無いのでしょうが、CMに出演している俳優の新井浩文さんに悪いイメージがつかなければと思います。

カウブランド 赤箱10入 10コ入

新品価格
¥833から
(2017/8/17 14:31時点)



 

それぞれフォローお願いします。

-国内, 炎上
-, , , ,

Copyright© 時事ネタnet , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.