旬のニュースや話題の情報など皆様の感想を交えて紹介します。

時事ネタnet

【新装置動画あり!?】中国で交差点の横断歩道に新装置が導入される!歩行者の「信号無視」改善のため!?

投稿日:

中国中部の武漢市で交差点の歩行者側の信号機に新装置が導入され話題になっています。

中国では交通マナーが悪く高速道をや一般道関係なく歩くことでドライバーからしてみれば危険な行為を平気で行うとの事。交差点も同様で、歩行者側が赤でも関係なく横断してしまいます。
歩行者の信号無視を防ぎ、武漢市民としてマナーを守るべき信号機に新機能を導入しました。

設置後は歩行者は意識しはじめ信号無視を抑えることができたようです。その新兵器とは?


信号機と連動遮断バーが下りてくる

新機能の信号機ですが歩行者の信号が赤になると信号機の上部から注意安全と書かれた「遮断バー」が降りてきます。信号が青に変わると遮断バーが上に上がります。

日本の踏み切りの様なシステムでしょうか。

動画を見ますとかなりすごい信号機ですね。

大きな門のようなフレームに上には液晶モニターで「赤信号時の横断禁止」等が流れています。赤になると完全に歩行者を渡らせないようにしていますので信号無視もできない状態になります。

他にも「赤信号です、通行者は道路を渡らないで下さい」と警告音が流れてすごい装置です。

国内特許を申請中の担当者は「今まで多くのボランティアの人達が信号が変わるたびに遮断ロープを張って歩行者の横断を管理していたそうで、しかしそのロープを乗り越えて行くマナー違反も居たそうで、人力と悪影響なイメージを及ぼしていたのを事からこの機会を開発」したそうです。

一人一人がちゃんとマナーを守っていればこのような装置は必要ないかもしれませんし街のイメージも好印象ですが、マナーが悪ければ街のイメージにも悪影響を及ぼしてしまいます。

それにしても大掛かりな装置ですね。

常磐線 街と鉄道、名列車の歴史探訪 常磐炭の輸送路線から首都圏の通勤路線へと発展 [ 山田亮 ]

ネットの反応

まとめ

遮断機のような歩行者用信号機ですが、装置もさることながらこれだけ信号無視が多発していることにも驚きです。「赤は止まる」を小さいころに教えてもらったはずです。信号無視が当たり前となってしまった悲しい現実ですがこの新装置で少しでも信号無視改善になれば開発者もうれしい限りですね。
最後まで読んでいただきましてありがとうございましたm(__)m


 

それぞれフォローお願いします。



-ニュース, 動画, 国際
-, , ,

Copyright© 時事ネタnet , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.