旬のニュースや話題の情報など皆様の感想を交えて紹介します。

時事ネタnet

糖質制限をすると糖尿病になる!?衝撃データ

投稿日:

低糖質ダイエットは10年以上前から世間一般の認知度が高く、結果にコミットするライザップなども基本的には糖質を制限することで脂肪を落とすようにしています。

カロリーを落とさず糖質を制限することで脂肪が落ちることはよく知られていて、糖質制限ダイエットは世界中で行われているダイエット法の一つです。

くら寿司がしゃりの部分を大根に変えた低糖質寿司を発表したり、ラーメンの麺を別のもので代用したものや、ガストやすきやでもローカルボメニューを見ることができます。ハンバーガーでもバンズを抜いてレタスで包んだものなどがあります。

低糖質が浸透してきたせいか、日本人の糖質摂取量は1日平均で15グラム減ったと言います。



週刊ポストによると、

2002年に1日平均で271.2グラムだった炭水化物(糖質+食物繊維)の摂取量は、2014年に255.8グラムまで減少した。その一方で糖尿病患者は同時期に228万人から317万人まで増加したというのだ。浜松医科大学名誉教授で内科医の高田明和氏が話す。

糖尿病患者はおよそ100万人も増えました。もちろん高齢化の影響もあるのかもしれませんが、それにしても糖質制限との『負の相関』が際立っている。この矛盾は、“糖尿病のパラドックス”と呼ばれています」

糖尿病のパラドックスなんて言葉があるんですね。

高田医師によると

先に挙げたデータは、糖質制限が糖尿病の対策にならない可能性を示唆している。それどころか「糖質制限が糖尿病の原因となっている可能性がある」

とのこと。
週刊ポストの内容によると、体内の糖質が不足すると、筋肉を分解して糖を生み出す『糖新生』という反応が生まれるのですが、体は低血糖状態から守るために糖新生と同時に『インスリン』の効きを悪くして血糖値が下がるのを防ごうとする。これによりインスリンが効かなくなり血糖値が下げられなくなり糖尿病になるという可能性が指摘されているとのことです。

低糖質ダイエットで痩せても、糖尿病になってしまっては本末転倒ですね。
太りすぎも体には良くないのは間違いないですので、糖質過多な人がある程度の摂取制限をするのは有効だと思います。
かといって極端に何かを制限したり、何かばかりを摂取するようなやり方はどこかしらに不都合を生じてしまいますね。
なんでもやり過ぎは良くないということでしょう。


 

それぞれフォローお願いします。



-健康, 医療
-, , ,

Copyright© 時事ネタnet , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.