旬のニュースや話題の情報など皆様の感想を交えて紹介します。

時事ネタnet

【作画ミス!?】「天空の城ラピュタ」が30年経った今になってミスが見つかる!?

投稿日:

スタジオジブリ作品で金曜ロードショウではお馴染みの1986年に公開された「天空の城ラピュタ」ですが、今になってあるシーンがとんでもない作画ミスが見つかった事で話題になっています。

天空の城ラピュタと言えばツイッターでも話題になる滅びの魔法でパズーとシータが発する「バルス」がツイートを埋め尽くす「バルス祭り」ですが今回2017年も23時23分にその場面では1分間だけで23万以上のバルスのツイートがありました。
これは放送中の全体759,242件の31.3%が1分間に集約されると言う「バルス」効果は今もなお続いています。

手が手がーっ

ジブリ作品は人気が高いアニメですが、30年以上経った今になって一部のシーンに作画ミスが見つかりました。

引用元:@CyberIguana

どこと思う方もいるかと思いますが、よく見ますとパズーが右側の手と左側の手でネックレスを留め様としていますが、左手側の指の配置がおかしいですね。

左手側が上になった場合親指は下にないといけませんがこちらのシーンでは上にあります。

この件に関して30年も経っているのに誰も気づかず今まで来てしまったというのです。


ネットの反応

天空の城ラピュタ [ 田中真弓 ]

価格:4,568円
(2017/10/2 12:54時点)

まとめ

私も一度ネックレスを留めて見ました所確かに左手側の親指は下にありました。ストーリーを優先に作画の細かい部分までは気にしないかったのでしょうか?

これだけ人気アニメだけに気づかなかったのも凄いですね。

最後まで読んでいただきましてありがとうございましたm(__)m


 

それぞれフォローお願いします。



-アニメ, ショック, ニュース, 国内
-, ,

Copyright© 時事ネタnet , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.