旬のニュースや話題の情報など皆様の感想を交えて紹介します。

時事ネタnet

【騒音問題!?】園児の声についてドイツ人の寛大さに日本は脱帽かも!さすが先進国!?

投稿日:

「保育園落ちた日本死ね」などのブログが話題になったり、東京都武蔵野市で起きた開園予定の認可保育園が近隣住民から良い意見が得られず開園を延期するなど「園児の声」に対する騒音問題が以前から注目されていますが、あるテレビ番組で子供の声の騒音問題でドイツ民に聞いた所、日本とは全く逆で寛大な回答が返ってきた事が話題になっています。

TDR好きの志賀雄太さんの投稿が、19万を超えるリツイート、33万件を超える言い値を獲得しています。これが先進国と言えるのではないのでしょうか。



テレビ東京のワールドビジネスサテライトで放送された内容で子供の声について保育園の周辺の方など4人の方が語っています。

 

保育園周辺の住民:「自動車や飛行機の騒音よりはいい
保育園周辺の住民:「迷惑ではありません窓の外から子供たちを見るのは好き
ベルリン市民:「そもそも子供はコントロールできない。静かにしろというのが無理
ベルリン市民:「どうせみんな死んだら静かな墓場に行くんですよ

4番目に語られた方も人は、いつか人は死んで静かな墓場に行くのだから今は賑やかでいいのではないのと思って言っているのでしょうか。ベルリンの方は考え方が違いますね。

ドイツの子ども声はドイツの法律で守られている

ドイツでは保育園などの子供の遊びから聞こえる声は環境に影響がないとされ、騒音にならないのです。ドイツの法律で子供の声を守っています。

ドイツも日本と同じで1990年代には子供の声の騒音問題で保育園の建設中止の裁判が相次いだそうですが、次第に裁判所が子供有利の判決を出すようにする事が元となり2011年に連邦議会が「子ども声法案」を可決し法律ができました。

少子化が高まる危機感を子ども声法案によって子供に優しい社会が明確になる事で世論も歓迎しました。

この法律によって保育園の建設を阻止できなる事になりました。しかし保育園側にもある一定の配慮が必要となりますが、住民との理解があっての保育園ですね。

日本もこのような法律は難しいのでしょうか?

ネットの反応




まとめ

ベルリン市民が子供の声を騒音とは感寺内ところが日本との考えた方が違う所に驚きました。譲り合いなどの行動も日本では薄れてきてしまっているのでしょうか。

以前の記事でも心臓疾患のある女子大生が優先席で蹴られる!事や妊婦の方が電車で立ったままで席を譲らない人が多いなど問題になっていました。

【ヘルプマーク!?】の認知度低すぎに警笛!心臓疾患のある女子大生が優先席で蹴ら...
みんなで助け合う社会を実現するために、誕生した「ヘルプマーク」の認知度が低いためにツイッターで投稿主さんの拡散希望が話題になっています。2016年までに約130,000個を配布されているようですが、まだまだこの意味を知っている方は少ない様です。(adsbygoogle =...

最後まで読んでいただきましてありがとうございましたm(__)m


 

それぞれフォローお願いします。



-Twitter, テレビ, ニュース, 国内, 国際

Copyright© 時事ネタnet , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.