旬のニュースや話題の情報などの時事ネタを皆様の感想を交えて紹介します。

時事ネタnet

【危険!?】カナダ旅客機にドローンが衝突!有罪の場合には200万円以上の罰金!新たなテロの脅威との声も!?

投稿日:

一歩間違えれば大変な大事故になりかねません。

カナダにあるケベックシティー空港で旅客機と小型無人機(ドローン)が衝突しました。幸いに損傷が軽く無事に着陸が出来たようですが、カナダでこのような事故が起こったのは初の出来事です。

この旅客機には乗員2人と乗客6人が乗っていまして高度450m上空、空港から3kmの場所でドローンが右翼に衝突しました。

慣れれば簡単に操縦できてしまうドローンですが、飛行機に向かってテロに使用されたらゾッとしますね。

スカイジェット機にドローンが衝突

カナダも日本と同様に空港の周辺でのドローンの飛行は禁止されています。多分何も知らずに好き勝手に遊んでいたのでしょうか?

カナダの法律では空港から5.5km以内、高度も90m以上での娯楽用のドローンを禁止しています。

カナダのマルク・ガルノー運輸相は15日、東部ケベックシティーの空港で同国の旅客機と小型の無人機(ドローン)が衝突していたことを明らかにした。旅客機は無事に着陸した。旅客機とドローンの衝突はカナダで初めてという。

ガルノー運輸相は「ドローンが商用機に衝突したのはカナダでは今回が初めてだ。幸いにも軽い損傷だけで済み、無事に着陸できた」と述べている。

地元日刊紙ジュルナル・ド・ケベック(Journal de Quebec)によると、乗客6人と乗員2人を乗せた同機は空港から約3キロ、高度約450メートルで右翼に衝突されたという。

ガルノー運輸相はドローン運用者に対して、航空機の安全を脅かした罪で有罪と認められれば、最高2万5000カナダドル(約224万円)の罰金または禁錮刑、あるいはその両方を科される可能性があると警告した。

引用元:AFP

今回のドローンの高度ですが450m上空での衝突ですがここまで上がって飛行できることに驚きです。

調べてみますとDJIの「Phantom」のドローンは高度500mまでも飛行可能のようです。それ以上も可能ですがメーカー側のマニュアルには安全性の理由もかねて500m最高高度としています。

日本では国土交通省の承認許可なしに飛行できる最高高度は150mまでと定められています。

ドローンの飛行に関して国土交通省航空局のホームページに飛行についてルール説明も公開されていますので、ドローンを飛ばす前に読んでおくことをお勧めします。

航空:無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール - 国土交通省
国土交通省のウェブサイトです。政策、報道発表資料、統計情報、各種申請手続きに関する情報などを掲載しています。
★【気にせず遊べる】室内や敷地でドローンを飛ばせる場所をレンタルできる!? 価格...
気にせず思いっきり遊べますね。室内から広大な敷地までレンタルできドローンを体験できるプロジェクトを「drone market β版」と「スペースマーケット」がタイアップして開設しました。一人でもグループでも指定の場所でドローンを飛ばせます。現在キャンペーン中で...

日本での航空法に定めるルールに違反した場合には、50万円以下の罰金が科せられますので、ご注意ください。


ネットの反応

・世界的にもドローンの規制をしないと大事故につながる。
・好き勝手に飛翔体を飛ばせるのは危険
・これから増えそうな事故ですな
・日本も他人事ではないし、世界から見たら新たなテロの脅威となりつつある。。。
・罰金はそれくらいで済むかもしれないが、民事では多額の賠償金を請求されるのかな。
・罰金安すぎだろ
・常識がないな 北朝鮮のロケット発射場所でやってくれるなら 大いにいいんだけどな

遊ぶまでには周りに気をつけて申請を出さないといけない場合などはネットで調べてから操作した方が良いですね。
最後まで読んでいただきましてありがとうございましたm(__)m



 

それぞれフォローお願いします。

-ドローン, ニュース, 国際, 海外
-, , ,

Copyright© 時事ネタnet , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.