旬のニュースや話題の情報など皆様の感想を交えて紹介します。

時事ネタnet

名称に『・』の付け忘れで高級マンションも弱いマンションになってしまった!?

投稿日:

ツイッターでマンションの名称が「・」の付け忘れで弱弱しい名称になってしまったと注目されています。

このマンションは神奈川県川崎市中原区にあります超高層マンションですが、不二サッシ跡地を再開発事業によって建設され当時としては神奈川県内で最も階数の高い超高層マンションとしても話題っています。
近くには三井不動産が運営しています「ららテラス武蔵小杉」などの商業施設もあり生活での必要品のお店が充実しています。



このマンション名は「ザ・コスギタワー」と呼ばれているのですが、ある不動産会社のページには1文字無いだけでイメージがガラリと変わってしまっています。

@otto_morgenさんがツイッターで「スゴく弱いマンション」と投稿されています。

「ザ・コスギタワー」の「・」が無い「ザコスギタワー」になってしまっています。言い方によっては「雑魚が多いタワー」とも見受けられてしまいます。

点の無いことで意味が変わってしまいました。ちなみに現在パソコンで検索してみましたが点は付いていました。

言葉の文字区切りの間違え異なる意味となる読み方を「ぎなた読み」と言われていますが、ぎなた読みは他にも色々挙げられています。

「ぱんつくったよ」の場合「パンツ、食ったよ」と「パン、作ったよ」と2つの言い方になってしまいます。「くるまでまとう」でも「車で待とう」と「来るまで待とう」の2種類の意味になります。言い方によっては逆に捉えられてしまい言葉と言うのは難しいですね。

最後まで読んでいただきましてありがとうございましたm(__)m


 

それぞれフォローお願いします。



-Twitter, ニュース, 国内
-, ,

Copyright© 時事ネタnet , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.