旬のニュースや話題の情報などの時事ネタを皆様の感想を交えて紹介します。

時事ネタnet

鳴門海峡の渦潮が発生するメカニズムの図解が話題

投稿日:

鳴門海峡に渦潮が発生することは良く知られています。
しかし、その発生メカニズムを知らない人は多いのではないでしょうか?
渦潮の発生メカニズムをわかりやすく図解した画像がツイートされ1万件を超えるいいねが押されています。


本当の渦潮のメカニズム

wikipediaの説明では以下のように書かれています。

鳴門海峡は、本州と四国の間にある瀬戸内海と太平洋とを結ぶ海峡の一つで、幅が約1.3km。潮汐により1日に2回、大量の海水が瀬戸内海に流れ込み、また同様に1日に2回瀬戸内海から流れ出す。瀬戸内海と太平洋の水位差は最高で1.5mにも及ぶ。海峡の幅が狭いことに加え、海底の複雑な地形も影響し、潮流は13 - 15km/hの速度で流れる。大潮の時には20km/hに達することもある。この潮流の速度は日本で一番速く、「世界三大潮流」にも数えられることもある。

この早い潮流と、海峡両岸に近い穏やかな流れの境目において、渦が発生する。渦の直径はおよそ15メートルほどに達する。

速い潮流と緩やかな流れの境目で渦が発生するのですね。



 

それぞれフォローお願いします。

-Twitter
-,

Copyright© 時事ネタnet , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.