旬のニュースや話題の情報などの時事ネタを皆様の感想を交えて紹介します。

時事ネタnet

【メルカリ】新たなシェアサイクルサービス 『メルチャリ』をスタート。専用の保険も付保されている

投稿日:

メルカリが2月27日よりオンデマンドのシェアサイクルサービス『メルチャリ』を提供開始する事を発表しました。
メルカリではモノ・サービス等などの資源の有効活用として「メルカリ」や「メルカリ アッテ」の提供をしていますが、今回オンデマンドシェアサイクル事業に参入し日常的なシーンで利用してほしいとの事で開始されました。


地域が参加型で行うサービス

「メルチャリ」は個人と地域が参加型で行う新しいスタイルのサービスで、スマートフォンアプリから自転車のレンタルから返却まで行う事ができます。ポート(駐車場)は地域の民間企業、個人宅、店舗の軒先などのスペースを提供してもらう事でいつでもどこでも、乗りたい時に乗って利用できるのが特徴のようです。

安心・安全面では自転車に内蔵されたGPSで自転車のポートを把握することができますし、カスタマーサポートにより1年中監視と対応がされるので、故障やトラブル時にも安心してサービスが受けられます。自転車の放置・故障の場合も地域の民間企業と連携して、サポートトラックが回収しポートには良い状態の自転車が配置されています。

2月27日から開始ですが、第一弾の展開都市は福岡市になり、博多・天神・ウォーターフロントのエリアを中心に、開始時はポート数は50、自転車は400台以上設置予定。夏頃までにエリアの拡大と合わせ2,000台程度の自転車の投入を予定しています。

すでにポート(駐車場)の提供パートナーも2月13日時点で「アパホテル」「イデックスオート・ジャパン」「新生堂薬局」「タイムズ24」「ファミリーマート」、「フォレオ博多」など13社が参画されています。


スマートフォンで全て完結

2018年初夏には提供できるようAndroid版「メルチャリ」についても開発を進めていまして、現在は「メルチャリポート公募ページ」で事前登録ができます。

「借りる」から「返す」まで、スマートフォンひとつで完結することができます。鍵の解除が「メルチャリ」アプリ内で発行されるQRコードで行われるためです。メルカリIDとの連携でかんたんに登録することができ、乗った分だけ支払う料金システムです。

■サービスの利用方法
1. メルチャリアプリをダウンロード 。
2. メルチャリアプリを使い、街なかにある自転車を見つけます 。
3. サドルの下にある鍵をあけてライド開始。
4. 専用ポートに停め、鍵をかけるだけでライド終了です。​
※メルチャリアプリはApp Storeに近日公開予定(サービス開始時はiOS版のみ)。

利用料金は1分につき4円で、クレジットカード払い、コンビニ払い、ATM払いに順次対応していく模様です。

さらに安心なのが事故やケガ等に対応するシェアサイクル専用の保険(損害保険ジャパン日本興亜株式会社および東京海上日動火災保険株式会社提供)を付保しているため、万一の場合でも、国内初となる「示談交渉サービス」つきの賠償や、ケガを被った場合でも補償を受けることができます。

使用する自転車は20インチ、3段階ギア、日本製の非電動アシスト自転車です。鍵はコネクティッド・ロックの開発および、関連サービスを手掛ける株式会社tsumugのスマートロックを搭載、QRコードでかんたんに解錠することができます。

色もデザインもおしゃれで女性・男性にも合いますね

メルチャリ
みんなで使えるシェアサイクル。いつもよりはやく、もっと遠くへ。


 

それぞれフォローお願いします。

-サービス, スマホ・スマートフォン, ニュース, メルカリ, 便利, 国内
-, ,

Copyright© 時事ネタnet , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.